医師とユーザを繋ぐ健康管理アプリ「HOSPILINK」提供開始

IAJは一般社団法人ライフコースデザイン様との共同開発で、日々の健康状態を管理しユーザ様とお医者様を繋ぎ健康面のサポートを行うサービス「HOSPILINK」(ホスピリンク)の提供を2022年2月7日より本格的に開始しました。

HOSPILINK 画面イメージ

当社は下記の開発を担当しています。

  • iOS向けアプリ(2月7日先行リリース)
  • Android向けアプリ(近日中リリース予定)
  • 管理サイト
  • インフラ環境構築

アプリの紹介

HOSPILINKは健康状況を医師と共有し、セルフケアをサポートするために 開発されたアプリケーションです。

  • ウェアラブルデバイスとの連携で健康情報(体重、身長、血圧、血糖値など)を記録・管理
  • 健康状態の記録(体温、咳、のどの痛みなどの症状を段階で記録する)
  • 日々の記録をグラフ化
  • 埼玉医科大学総合医療センターの診療予約(外部サイトへ遷移、アプリからの予約機能は今後開発予定)

HOSPILINK 画面イメージ2

ヘルスケア、フィットネスアプリとの連携

HOSPILINKはApple ヘルスケア、Google Fit のアプリと連携を行いユーザーが日々登録したデータやウェアラブルデバイスとの連携で取得したデータをアプリ内へ取り込みを行なっています。

  • 歩数
  • 血圧(拡張期、収縮期)
  • 心拍数
  • 血糖値
  • 取り込まれた酸素のレベル

取り込んだヘルスケアデータをグラフ化してその推移を確認することができます。

 

HOSPILINKサービス構成図

開発内容

使用技術
flutter、Vue.js、Python
AWS Service
Lambda, RDS, Cloudfront, API Gateway, Cognito, Secret manager
CI/CDツール
Pipeline(AWS CodeCommit, AWS Code Build, AWS CodeDeploy)
※本案件でテストはCIツールを利用しておりません。ご要望によって導入する工程を変更しております。

開発担当

会社名
一般社団法人ライフコースデザイン(LIFE COURSE DESIGN, GENERAL INC. ASSOCIATION)
企画監修
埼玉医科大学総合医療センター内分泌・糖尿病内科 教授 泉田 欣彦
開発チーム
埼玉医科大学総合医療センター内分泌・糖尿病内科 教授 泉田 欣彦
埼玉医科大学総合医療センター内分泌・糖尿病内科 助教 大村 卓士
埼玉医科大学総合医療センター内分泌・糖尿病内科 非常勤講師 小泉 千恵
開発会社
アイ・エイ・ジェイ株式会社

アプリのダウンロードはこちらから

hospilinkアプリアイコン
AppStoreからダウンロード

お気軽にお問い合わせください。078-436-0410受付時間 9:00-18:00
[ 土・日・祝日除く ]

フォームからのお問い合わせはこちら お急ぎの方はお電話で