AWSサーバーレス導入・移行コンサルティング


AWSサーバーレス導入・移行

サーバ調達や運用でお困りごとはございませんか?
サーバーレスを導入してコストを削減したい
クラウドを導入してリモートでの開発や運用を取り入れたい
アクセス集中時にオートスケーリングで負荷を分散したい
新しい技術やサービスを導入したいが対応に不安があるので経験豊富な技術者にサポートして欲しい
開発の品質管理を効率よく行いコストを削減したい

AWSサーバーレスとは

AWSサーバーレスとは仮想サーバを使用せずにAmazonS3、Lambdaなどを活用してアプリケーションの開発を行う手法です。
一般的にはシステムを運用する際に常時稼働しているサーバが必要となります。
一方、サーバーレスでは、そのサーバーを常時稼働させる必要が無いため、ランニングコストを低減でき、またサーバーの運用、保守などの管理コストが不要となります。
※Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)は、インターネット用のストレージです。
※Lambdaは、サーバーのプロビジョニングや管理なしでコードを実行できるコンピューティングサービスです。

AWSサーバレスとは

サーバーレスのメリット

運用コスト削減

サーバーレスにすることでサーバの管理を行う必要がありません。
サーバの構築、管理などを行う人件費などの運用コストを削減することができます。
サーバ不要

システム移行が柔軟に行える

AWSではRuntimeAPIを提供しており様々な言語をサポートしている為
システム資産を活用することができます。
システム移行

利用量に応じてサーバをフレキシブルに管理

アクセスやデータベースの利用量に応じて必要な分のリソースを自動で増減してくれます。
その為、利用が少ない期間はコストが発生しません。
利用量に応じて課金

CI/CDとの連携で開発の品質管理を向上

CI/CDプラットフォームとの連携でソフトウェア開発でのビルドやテストを自動化し、短期間で品質の管理を行います。
品質向上


AWSサーバーレス開発サポート

サーバーレス開発でお困りごとはございませんか?
「オンプレミスからクラウドサービスへの移行は完了しているけれど、そこからサーバーレスの導入方法が分からない」
「社内にサーバーレスを導入できる人材がいない」
「社内でサーバーレスでの開発実績がなく、開発に関するノウハウが無い。」
DX(デジタル・トランスフォーメーション)を実現するため、サーバーレス開発においてもSIベンダーにシステム開発を丸投げするのではなく、内製化を進めたい。」

チームとなって取り組む、内製化の支援も行う新しい形の技術サポート

近年サーバーレス導入のサポートを提供するサービスも数多く存在しますが、導入のノウハウが自社に残らず、ベンダー任せになってしまう、そのように感じられているお客様に、コンサルティングから設計・実装作業まで、貴社と当社のサーバーレス開発メンバーが1つのチームとなって、一貫してサポートを行い、貴社にノウハウが蓄積されるサービスをご提供いたします。

【サポート事例:A社の場合】

〜お客様と1つのチームとなってサーバーレスでの開発プロジェクトを運営、リリース後の運用もサポート〜
 企画段階  ヒアリングからサーバーレスでの開発の要否の検討
 要件検討  要件とシステム化範囲の検討、サーバーレスでの構成検討
  設計   要件に合わせて当社でサーバーレス環境の構築、開発基盤となるフレームワークやシステム構成を準備
 開発・検証  当社で先行してシステムのベースプログラムを開発。お客様と開発担当の分担を行いながら、両社でシステム開発を実施
  運用   お客様でシステムの運用を行なっていただきながら、必要に応じて問い合わせベースで運用をサポート。またシステムの追加開発などで開発メンバーが不足する場合には、当社にて開発もサポート

上記のようにお客様とワンチームとなって開発プロジェクトを運営することで、サーバーレスの開発を実施したことがなく敷居が高いと感じられているお客様でもスムーズにサーバーレス開発に取り組むことができ、その後の運用・保守も貴社で対応できる環境をご用意します。

AWSサーバーレスサポート工程

サービスの利用例(開発事例)

体調管理アプリ

実績内容
アプリを用いてユーザが自分の健康状態(体重、血圧、食事、ワークアウト歩数など)を入力し管理。
栄養士や医師などがそのデータを用いて指導などを行う。

flutter技術を利用してiOS、Android向けのマルチプラットフォームアプリを開発
API、DB、管理サイトをAWSサーバで実装

開発期間
3ヶ月
使用技術
flutter、Vue.js、Python
AWS Service
Lambda, RDS, Cloudfront, API Gateway, Cognito, Secret manager
CI/CDツール
Pipeline(AWS CodeCommit, AWS Code Build, AWS CodeDeploy)
※本案件でテストはCIツールを利用しておりません。ご要望によって導入する工程を変更しております。
AWS CI/CD図

AWSサーバーレスでのCI/CD使用図

CI/CDの工程図

Webアプリケーション

実績内容
Web上で管理できる資格更新システム
APIをベースとしてPC/モバイル向けの管理システムを開発
開発期間
6ヶ月
使用技術
jQuery、Python
AWS Service
Lambda,RDS,CloudFront,API Gateway,Cognito,S3,CloudWatch,CloudFormation,SES,SNS
CI/CDツール
Bitbucket pipelines

導入の流れ

1. お問い合わせ
サイトのお問い合わせフォームまたはお電話でお問い合わせください
2. ヒアリング
お客様のご要望(機能、スケジュール、コスト)をヒアリングさせていただきます。
ご希望によりZoomを利用したリモート会議も行っております。お気軽にお申し付けください。
3. プラン・見積りの提示
正式にご契約を頂いてコンサルティングを開始させていただきます。
4. コンサルティング(開発プロジェクト)スタート
お伺いしたご希望を元にお客様に最適なプランとお見積書をご提示させていただきます。

IAJにお任せください

  • お客様のご希望、環境に合ったサーバーレス導入プランをご提案いたします。
  • IAJでは経験豊富な技術者がお客様が不安とされている技術面でサポートいたします。
  • CI/CDを導入して開発、テスト、運用まで効率良い開発プランをご提案いたします。